センパイとお話しての感想




デザイナーで複業している憧れの副業部のセンパイにイラレのレッスンを受けた後、ランチをして話したこととその感想。



きっかけ


先日、副業部の顔合わせをした時にとあるセンパイが「ストアカでillustrationとか教えてます!」ということを教えてくださり気になってました。我流でなんとか素人じみた(いつものかえるくんたちの合成です)使い方でなんとかやってた私は、早速申し込み。


もう一つはスキルを売る、買うってどういうこと?を体験するために。


というのもこちらのセンパイはパラレルワーカーなのですが、その一つが弊社トランビのお仕事もしてくださってて、これまでの経歴や作品を知っていて、テイストも好きなのでぜひ!ということでお願いしました。


そのレッスン後ご飯を食べながらお話しました。



正直、女子トーーークしてこよう!と考えていたのですが、真面目に今後のことを話してきました!



「仕事にできる」趣味探そう


センパイ「趣味ってあります?」

私   「いやーないんですよ・・(ないのがバレた?)」

センパイ「私も・・」

私   「意外!!」

センパイ「趣味とか好きでたまらないことを仕事にしたいよね」


こんな感じで会話が始まったのですが、とにかくオシャレなセンパイなのでデザインの仕事は好きなんだろうと思っていたのですが、確かに好きな仕事ではあるそうですが、ちょっと違うとのこと。


若輩者ながら、なんとなくわかる気がしました。思い出したのは以下のようなワード。



努力は夢中に勝てない」by為末大
「好きが一番強い」by‥(オモイダセナイ)

あの夢中になって没頭することだったり、ずっと好きなものだったり、、そういうことなのかもしれないと。

できたらいいけど。。と中途半端な気の抜けた私に、センパイは「見つけてやるぞ!」という勢いを見せつつ「お前もな!」という圧を感じました。

というのは冗談ですが、ただ、センパイが真剣に考えてて、動こうとしている姿勢、すごく気持ちが引っ張られました。つまりは、良い影響を受けてきました!今、真剣に考えています。

何より、副業で何しようかというときに、自分の中でできることよりやりたいことを優先させたいと思っているのに、できることに逃げそうな自分がいたからです。



ネットの誰かの声じゃダメなわけ


改めて感じたこととして、やはりリアルな直接にお話、コンタクトできる(一次情報にありつける)ってすごい価値があるということ。何より、熱量が全然違います。


ちなみに、今回のセンパイが松岡修造みたいにめっちゃ熱いんです!ってことはなくて、むしろすごく落ち着いた感じで自然な感じで会話してました。でも、経験者だったり本当に思っていることだからすごく伝わってくるエネルギーを感じます。


そもそも副業部で目指しているのは、ネット上に(Google検索では見つから)ない「カスタマイズされた自分なりの道筋を見つけることができる場」です。


センパイや仲間とコミュニケーションをとって悩みや不安を話したり、言葉では表現しきれないことをなんとなく語ってみると不思議と、こうするのが良さそう、とかこうしたかったんだ!という腹落ちしやすい傾向があると思います。


これは、web検索して出てきた、誰かが誰かに質問した答えや、よくある悩みを記事化されたものを呼んで一旦は納得しつつも、何度も検索し直すこととは大きく違います。本当に尊いことだと。


まさに今回センパイと話して感じたことです。



山のような宿題とともに・・(笑)


美味しいハンバーガーを食べ終えた頃、

センパイ:「じゃぁ、仕事にできる趣味を探そう!」

     「あとなんだっけ。。?やることいっぱいになったね!」


ニコッとしながらあれとこれとと課題を整理しているセンパイはまるで・・・いや、やはり女神です。


課題を公開しますとこんな感じでした↓



♪証券口座作ろう!(私が運用をやらなきゃと思ってやってない話から)
♪英会話やろう!(やりたいと思っていつつまだ何もやってないから)
♪クラウドワークスに登録してコンペに挑戦しよう!(早速当日のレッスンを忘れないうちに腕を磨くため)
♪シューマツワーカーに登録してみよう!(ポートフォリオを作る必要がある方自分の棚卸しになるよ)
♪マジックマウス買う
そして
♪なんじゃもんじゃみる



こうして、気の抜けた私が想定していた女子トーク(普通に脱毛したことありますか?とか聞こうと思ってた自分を猛省しました)とはかけ離れた話をしてきました。

これやり切れる??という不安もある中、なんかできるかも、やってみようと思えており、結果的によかった。本当に良かったです。


会話をしているだけで、あれやろう!これやろう!って、誰かに「やれ!」って言われてるわけではなく、そのスピード感、テンポがすごくよくて、なんかできるんじゃない私?!みたいに思えてくる感じで話が進みました。


まずは、熱が冷めないうちに「なんじゃもんじゃ」の動画を見て、各サイトの会員登録まで済ませました。

ちなみにその課題やってみよう!と思った方は、まずいろんなことやってから、なんじゃもんじゃ見ることをお勧めします。終われなくなるので苦笑。


元も子もないこと言っちゃいますが、、、ここに書いてあることもまさに誰かが誰かに質問したり会話した答えなので、ぜひ副業部に入っていろんなセンパイとお話ししてみることをお勧めします!こちら→★入部届★